プロに聞いた!ファンデーションの選び方における3つのポイント

56,060

「ファンデーションってたくさんありすぎて選び方がわからない・・・」

様々な色や種類があるファンデーション。

自分に合ったものを探す選び方って難しいですよね。

実際にファンデーションの選び方をマスターしようと思うとかなりの知識と経験を必要とします。

そこで今回はこの道15年のBA(ビューティーアドバイザー)である私が3つの大きなポイントだけに絞ってあなたにぴったりのファンデーションの選び方をお教えします。

その3つとは

  • ファンデーションの種類別選び方
  • あなたに合う肌質に合う選び方
  • いつも気になる悩み別選び方

この3つのポイントを押さえてしっかりとした選び方をすれば、ファンデーションで素肌を活かしたきれいな仕上がりを実現することができます♡

初心者の方にも選び方が掴めるように解説していますので、ぜひ最後までチェックしてみてくださいね!

ファンデーションの選び方解説
竹部未起
公式インフルエンサー
神戸で雑誌やブライダルを中心にメイクアーティストとして活躍中。
メイクアップ、まつ毛エクステ、着物の着付けなどオールマイティな知識とスキルが自慢。一人一人にあったコスメを提案し、必要なコスメの選び方をアドバイスします
Instagram
今回はファンデーションの選び方について解説させていただきました!実際にファンデーションを自分で選ぼうとすると大変です!だからと言ってBAさん任せばっかりもつまらない!そんな方にはぜひ今回の記事を読んでいただきたいです!この基本のポイント3つを抑えるだけでもかなりファンデーションの正しい選び方のコツを掴んでいただけるはずです

まずは基本から。ファンデーションは種類別選び方

ファンデーションと言っても実にたくさんの種類があります。まずはファンデーションの種類を色々とあげてみます。

  • パウダーファンデーション
  • リキッドファンデーション
  • クリームファンデーション
  • クッションファンデーション
  • ミネラルファンデーション
  • BB/CCクリーム

このようにたくさん種類があるファンデーション。それぞれに特徴があります。
それぞれのファンデーションの特徴を掴んであなたに合うファンデーションの選び方をマスターすることが必要です。

イメージ パウダーファンデーション リキッドファンデーション クリームファンデーション クッションファンデーション ミネラルファンデーション
商品名

パウダーファンデーション

リキッドファンデーション

クリームファンデーション

クッションファンデーション

ミネラルファンデーション

特徴 軽くてコンパクト

テカリを抑えてくれる

乾燥肌には△

水分が多いので保湿力◎

密着力が高いので崩れにくい

ツヤ肌に。

こっくりとしたテクスチャー

密着力◎崩れにくい

厚塗り感に要注意

扱いやすさ◎

化粧下地があまりいらない

時短メイクにぴったり

カバー力△

シリコンなどは使用せず

天然鉱物でできている

肌への負担が少ない

化粧下地不要なものが多い

落としやすい

カバー力 ☆☆ ☆☆☆☆ ☆☆☆☆☆
おすすめ肌質 オイリー肌〜普通肌 普通肌〜乾燥肌 普通肌〜乾燥肌 普通肌〜乾燥肌 敏感肌

イメージ パウダーファンデーション リキッドファンデーション クリームファンデーション クッションファンデーション ミネラルファンデーション
商品名

パウダーファンデーション

リキッドファンデーション

クリームファンデーション

クッションファンデーション

ミネラルファンデーション

特徴 軽くてコンパクト

テカリを抑えてくれる

乾燥肌には△

水分が多いので保湿力◎

密着力が高いので崩れにくい

ツヤ肌に。

こっくりとしたテクスチャー

密着力◎崩れにくい

厚塗り感に要注意

扱いやすさ◎

化粧下地があまりいらない

時短メイクにぴったり

カバー力△

シリコンなどは使用せず

天然鉱物でできている

肌への負担が少ない

化粧下地不要なものが多い

落としやすい

カバー力 ☆☆ ☆☆☆☆ ☆☆☆☆☆
おすすめ肌質 オイリー肌〜普通肌 普通肌〜乾燥肌 普通肌〜乾燥肌 普通肌〜乾燥肌 敏感肌

インフルエンサー
竹部未起
公式インフルエンサー
CC・BBクリームとは
CCクリームはスキンケアと肌補正を目的としたアイテム。BBクリームは保湿しながら皮膚の再生を促してくれるクリーム。美容成分やUVケア成分が配合されているものが人気です。

あなたはどのタイプ?肌質でファンデーションを選ぶ

肌質は大きく分けると4つ

あなたはご自身の肌質タイプってちゃんと掴んでいますか?

肌質は大きく分けると4つに分けることができます。

  • 乾燥肌
  • 混合肌
  • 敏感肌
  • オイリー肌

それぞれ特徴があるのでそれぞれに合うファンデーションの選び方も変わってきます。

乾燥肌の選び方 混合肌の選び方 敏感肌の選び方 オイリー肌の選び方
肌タイプ

乾燥肌

混合肌

敏感肌

オイリー肌

特徴 ・カサカサして肌触りが悪い

・肌が突っ張る

・皮が剥けやすい、痒みを感じる

・目や口周りに小ジワが多い

・カサカサする部分とベタベする部分がある

・Tゾーンばかり油浮きする

・季節によって肌質が変わる気がする

・化粧品を使うと赤みが出る

・肌荒れになりやすい

・花粉症やアトピーがある

・日焼けをすると肌がヒリヒリする

・全体的に肌がべたつく

・テカテカして見える

・毛穴が目立つ

・化粧崩れしやすい

・ニキビや吹き出物が出やすい

おすすめファンデーション リキッドファンデーション

クッションファンデーション

クリームファンデーション

パウダーファンデーション

リキッドファンデーション

※パウダー・リキッドを併用するとなお良い

ミネラルファンデーション

CCクリーム

パウダーファンデーション

ミネラルファンデーション

乾燥肌の選び方 混合肌の選び方 敏感肌の選び方 オイリー肌の選び方
肌タイプ

乾燥肌

混合肌

敏感肌

オイリー肌

特徴 ・カサカサして肌触りが悪い

・肌が突っ張る

・皮が剥けやすい、痒みを感じる

・目や口周りに小ジワが多い

・カサカサする部分とベタベする部分がある

・Tゾーンばかり油浮きする

・季節によって肌質が変わる気がする

・化粧品を使うと赤みが出る

・肌荒れになりやすい

・花粉症やアトピーがある

・日焼けをすると肌がヒリヒリする

・全体的に肌がべたつく

・テカテカして見える

・毛穴が目立つ

・化粧崩れしやすい

・ニキビや吹き出物が出やすい

おすすめファンデーション リキッドファンデーション

クッションファンデーション

クリームファンデーション

パウダーファンデーション

リキッドファンデーション

※パウダー・リキッドを併用するとなお良い

ミネラルファンデーション

CCクリーム

パウダーファンデーション

ミネラルファンデーション

以上のように4つの肌質で見ていきました。次は肌のカラータイプをチェックしてみましょう。

これらを掴んでおくとファンデーションの選び方に違いが出ます

肌のカラータイプは大きく分けて2つ

肌のカラータイプは大きく分けると以下のように2つに分けることができます。

  • ブルーベース(ブルベ)
  • イエローベース(イエベ)

イエローベースは日本人の肌に多い色で、黄色味が強い肌カラーのこと。

対してブルーベースとは、欧米人の肌に多く、青みが強い肌カラー。

ここで、ご自身がイエローベース、ブルーベースどちらかを簡単に診断してみましょう。

それによってファンデーションの選び方のヒントとなります😃

診断する方法

  1. 手首裏の血管の色が青か緑どちらに見えるかで判断する
  2. →透けて見える手首の血管の色が緑色に見える場合:イエローベース
    →透けて見える手首の血管の色が青色に見える場合:ブルーベース

  3. 自分の白目の色が黄色っぽいのか青っぽいのかで判断する
  4. →白目の色が黄色に見える場合:イエローベース
    →白目の色が青色に見える場合:ブルーベース

  5. オレンジ系、ブルー系どちらが好み?
  6. →オレンジやピンクが好き:イエローベース
    →青系の色やグレーが好き:ブルーベース

  7. ゴールドとシルバーならアクセサリーはどちらが似合いますか?
  8. →ゴールドネックレス:イエローベース
    →シルバーネックレス:ブルーベース

いかがですか?ご自身がイエローベースかブルーベースかはだいたい掴めたでしょうか?

なぜ自分の肌のカラータイプを掴まないといけないかというと

ファンデーションは基本ベージュですが、そのベージュの中でもだいたい3タイプに別れていて自分にあったカラーを選ばないといけないから。

あなたの肌カラーによって選び方が変わってきます。

その3タイプとは

  • ピンクベージュ系
  • ニュートラルベージュ系
  • オークルベージュ系

「どれも同じベージュでしょ」と思われる方もいらっしゃると思いますが、実はそうではありません。

ご自身にあったカラータイプの選び方を知らないと顔色がくすんで見えたり、血色が悪くなったりしてしまうのです。

肌カラー別、おすすめファンデーションの選び方をまとめるとこちら

ブルーベースの方におすすめ
ピンクベージュ系が良いです。
ブルーベースはどうしても血色が悪く見えがち。そこにピンク系のファンデーションをつけることにより顔色が明るく見えます。なぜそうなるかというと青色系と赤・ピンクは補色の関係にあるからなんです!
逆にオークル系ベージュのファンデーションを使ってしまうと顔色が暗く見えたり、血色がさらに悪く見えてしまいます。
イエローベースの方におすすめ
オークル系orニュートラルベージュが良いです。
イエローベースは基本くすんだ色に見えがち。そこを解決するためにニュートラルorオークル系ベージュのファンデーションを選びましょう。こちらも補色の関係で黄色系にはオークル(赤みがかかった色)を加えてあげるとトーンが上がったような感じで肌に透明感が加えられ、明るい印象を与えることができます。こちらも逆にピンク系ベージュのファンデーションを使ってしまうと黄色が浮いてしまい肌のくすみが強調されてしまうので要注意。

このようにご自身にどんなタイプの色があっているか分かった後で、正しいファンデーションを選べばあなたご自身が持つ素肌に馴染むファンデーションの選び方をマスターできていると言えます。

お肌の悩みに直結しやすいファンデーションの選び方。

そのためにあなたの肌質にあった物を選ぶのは本当に大事。

3つ目はさらに具体的な、”あなたがいつも気になるポイント”を解決してくれるファンデーションの選び方を解説します。

いつも気になる悩み別にファンデーションを選ぶ

それぞれみんなが肌タイプが違うようにみなさんそれぞれに悩みや肌トラブルがありますよね。

そこで特に悩んでいる人が多い”お肌の悩み・トラブル”を解決してくれるファンデーションの選び方をお話しします。

毛穴の角栓や黒ずみを目立たなくしたい

毛穴の角栓詰まりや黒ずみを見せたくない時に選ぶべきおすすめのファンデーション

①リキッドファンデーション

②クッションファンデーション

おすすめはリキッドファンデーション。角栓が詰まってしまった毛穴は「詰まり毛穴」や「黒ずみ毛穴」と呼ばれます。
これらをカバーするにはテクスチャーが軽く、そして薄づきになるリキッドファンデーションが良いでしょう。
クッションファンデーションは比較的水分量が多いものが多いです。

使うときは厚塗りにならないように気をつけて

  • 毛穴は乾燥すると目立ちます。保湿効果のあるリキッドファンデーションを
  • 水分量が多いクッションファンデーションやクリームファンデーションを使って薄づきに塗りましょう
  • パウダーファンデーションの中には保湿効果を持つものもあります。その場合はブラシで細かくトントンと叩くように使うと
  • テカリが気になる毛穴目立ちは皮脂吸収タイプの下地と一緒に使うと良い

肌荒れが気になる…どのファンデーションがおすすめ?

敏感肌に限らず肌荒れをおこしている場合におすすめのファンデーションはこれ

①ミネラルファンデーション

②BBクリームorCCクリーム

ファンデーションは素肌にもっとも長く触れているコスメです。敏感肌の方は肌荒れなどを起こさないよう、お肌に優しいファンデーションを選ぶべきです。ミネラルファンデーションはミネラルをはじめとした天然成分が主成分なのでお肌のケアに最適です。
またBBクリーム・CCクリームも元は医療用として開発され、お肌の再生に良い働きかけがあります。

  • ミネラルファンデーションは合成着色料や合成香料、鉱物油が含まれていないものを使う
  • クレンジング(特にクレンジングオイル)はお肌への刺激が強いものもありますので、できるだけ石鹸で落ちるファンデーションが
  • 美容成分、保湿成分が多く含まれるファンデーションを選びましょう
  • どうしても肌荒れが起きてしまう!と行った場合は皮膚科の専門クリニックに行き、スキンケア専門のコスメを使うのも良いでしょう

くすみやクマを消したい!そんな方におすすめ

くすみやクマを気になる部分を隠したい!でも厚塗りにならないために選ぶべきはこれ

①リキッドファンデーション

②クッションファンデーション

朝はぴかぴかでも夕方になるとくすみやクマが浮き出てきてどんより肌になっちゃった経験がある方におすすめなのはリキッドファンデーション。
下地や美容液と組み合わせることにより薄づきながら化粧崩れもせず、くすみやクマもカバーしてくれますよ。
クッションファンデーションも密着力が高いものを選ぶことにより夕方になってもよれたりしないのが◎

  • 美容液成分が入っているリキッドファンデーションならなお
  • カバーしようとしすぎて厚塗りにしてしまうのはよくないので、薄づきでカバー力があるものを選びましょう
  • メイクに慣れてきたらカラーコントロールと呼ばれる下地と合わせると透明感がでて印象が良くなります
  • 隠すという意識よりも明るくしてくすみやクマを飛ばす意識で使うと良いです。
  • クマが出やすい目の下は皮膚が1番薄い部分なので中指で叩くようにつけると

今時肌を作る!なりたい肌になるためのファンデーションの選び方

雑誌などでよく見る今流行りのツヤ肌やマット肌。

そういったトレンドの肌をゲットするためにはどういったファンデーションの選び方をすれば良いのでしょうか。

ツヤ肌とは
今流行りのナチュラルに内側から輝くような肌のこと。
ツヤ肌は実際の年齢よりも若く見えることも多く。明るい、活動的な印象。
マット肌とは
韓国メイク(オルチャンメイク)に代表されるようなまるで陶器のような好きのない肌のこと。
シミ・ソバカス毛穴などのアラがないので落ち着いた、上品で知的な印象に。

ツヤ肌、マット肌どちらも肌タイプに合わせてファンデーションを選べば大丈夫。

乾燥肌、混合肌、オイリー肌別のファンデーションの選び方をまとめましたので要チェック。

イメージ 乾燥肌の選び方 混合肌の選び方 オイリー肌の選び方
肌タイプ

乾燥肌

混合肌

オイリー肌

ツヤ肌を作るなら クリームファンデーション クッションファンデーション リキッドファンデーション
マット肌を作るなら リキッドファンデーション パウダーファンデーション パウダーファンデーション
イメージ 乾燥肌の選び方 混合肌の選び方 オイリー肌の選び方
肌タイプ

乾燥肌

混合肌

オイリー肌

ツヤ肌を作るなら クリームファンデーション クッションファンデーション リキッドファンデーション
マット肌を作るなら リキッドファンデーション パウダーファンデーション パウダーファンデーション

まとめ

いかがだったでしょうか。ファンデーションの選び方をプロのBAでもありメイクアップアーチストの私がまとめてみました。

「ファンデーションはどれがベストなの?」と聞かれることも多いのですが、正直に言って、どのファンデーションがベストかはその人の肌の色やコンディションなどに左右されますので一概に言えません。

そうは言ってもどうファンデーションを選ぶべきかは知りたいですよね?

そこで今回どう言った種類のファンデーションを選べばいいかはご理解いただけたと思いますので、種類を絞った状態でお店に行ってお店のBAにあとはご自身の肌の色にあったファンデーションを選んでもらいましょう。

これでかなりの確率でご自身にあったファンデーション選びができるはずです😃

そこで自分にあったファンデーションを使っていくうちに、次のステップとして自分でファンデーションの選び方をマスターしていけばOKです。

最後まで”プロに聞いた!ファンデーションの選び方における3つのポイント”を読んでいただきありがとうございました♡

 

関連記事はこちら 著者からの投稿