絶対行きたい!明洞エリアのおすすめグルメ・カフェレビュー

こんにちは♡Cheeekme公式インフルエンサーのFumieです!

今回は韓国に旅行に行ってきたので明洞エリアを中心としたおすすめおしゃれグルメスポットをご紹介します(盛りだくさん笑)

韓国といえば最近は韓国コスメも人気ですがやはり外せないのはグルメ!美味しいもの食べたい♡

ということで飛行機から降りてホテルに荷物を置いてすぐにリストアップしていたグルメスポットをまわりました😭💗

どれもこれも美味しいし、食べやすい料理が多かったのでいっぱい楽しみました笑

明洞エリアに立ち寄った際にはぜひこれらのスポットをチェックしてみてくださいね😋✨

fumie
公式インフルエンサー
可愛いものとビール🍻とお喋りが大好きなOL👩‍💼
いくつになってもピンク🎀に囲まれて、美味しいものお腹いっぱい食べて、
スーパー可愛いおばぁちゃんになるのが最終的な目標!
インフルエンサー
今回は韓国コスメもチェックしたのですがグルメのお話💓
明洞エリアでショッピングしてはグルメ、食べ終わったら買い物と満喫しました❤
どれもこれも本当におすすめなので明洞エリアを中心に韓国旅行される方はぜひ参考にしてね\(^o^)/

24hいつでも立ち寄れるグルメ、神仙ソルロンタン 明洞店

まず最初におすすめしたい明洞グルメは、韓国ドラマでよく見かけるソルロンタン。

神仙ソルロンタン 明洞店

  • 24hオープンなので朝ごはんにもしめにも◎
  • ソルロンタンも美味しいけど備え付けのキムチが美味しい!
  • 明洞エリアはアクセスが良いのでショッピング帰りにもぜひ

ソルロンタンとは韓国の代表的なグルメの1つで牛の色々な部分をじっくり長時間煮込んで作るスープ料理!

場所が明洞でショッピングに疲れたらさくっと入れる有名店🍽

牛骨でじっくりダシを取ったとろみのあるスープ💗ご飯を浸して食べるのがめちゃくちゃ美味しい!!

スープ自体はとっても優しい味なので、朝ごはんにも呑んだあとにも食べれちゃう感じ∩^ω^∩

そしてこの机に備え付けられてる、キムチ食べ放題が抜群においしーい!!!😋✨

自分でザクザク切って食べるなんて、なんか贅沢な気分😁

カクテキももちろん美味しかったですが、わたしはこの白菜キムチをスープに浸して、白いスープがちょっと赤くなったところを食べるのがお気に入りです💕

日本円でも800円前後😭明洞グルメ。コスパ最強だ〜!

神仙ソルロンタン 明洞店

  • 予算:1,000円〜2,000円
  • 住所:2-2 Myeongdong 2-ga, Jung-gu, Seoul
  • 電話番号:(+82) 27774531
  • アクセス:地下鉄4号線明洞駅 6番出口 徒歩7分
    地下鉄2号線乙支路入口駅 5番出口 徒歩8分
  • 営業時間:24時間

カルグクスの名店、明洞餃子(ミョンドンギョジャ)

次におすすめするのは創業1969年の伝統ある明洞グルメ

明洞餃子(ミョンドンギョジャ)

  • 餃子?麺?行列のできる名店
  • ミシュランのガイドブックにも載っています
  • コスパ抜群なのにグルメ感が味わえる

写真奥がカルグクス、手前がマントゥと呼ばれるニラ餃子。

明洞餃子(ミョンドンギョジャ)はもともとカルグクスで有名になったお店なんですが、餃子も今は同じくらい人気に!

カルグクスは小麦粉を原料として作られている麺料理のこと。

スープは辛くなくあっさりしているので誰でも食べやすいのが特徴です♫

これ食べるためにまた韓国🇰🇷行きたいかもと思えるくらい😭💗美味しい!!!

鶏ベースのスープは長時間煮込まれたからこその深い味∩^ω^∩

カボチャ、鶏ミンチ、そしてワンタンまで!!✨

そこに日本で言ううどんのような麺が入ってますが、これはコシを楽しむというより、グツグツ煮込まれて、味が染みてる、クタクタになった感じを楽しみます😁

手前のニラ餃子🥟もすんごい美味しい😋

1個はまあまあ大きいサイズなのに、美味しすぎて、朝からぱくぱくいくらでも食べれるヽ(;▽;)

皮が硬すぎず柔らかすぎずで、小籠包のように肉汁がじゅわー💕思い出しただけでお腹減りそう😭

写真の右端にお店からのガムが置いてある通り、にんにくもがっつりきいてるので、食欲あがるしかない(;ω;)💗

日本だと匂うかなとか気にして食べれないけど、一緒に旅行してる人も食べてるから、って気にせず食べれちゃうのも韓国🇰🇷の良さ。笑

明洞餃子(ミョンドンギョジャ)

  • 予算:1,000円〜2,000円
  • 住所:ソウル特別市 中区 明洞2街 25-2
  • 電話番号:02-777-55318
  • Access:4号線 明洞駅/8番出口 徒歩3分
  • 営業時間:24時間営業

明洞エリアでお買い物の間にどうぞ!o’sulloc TEA HOUSE

次はカフェ好きな人におすすめの済州島さんの茶葉を使用した緑茶のカフェです。

o’sulloc TEA HOUSE

  • カフェ使いはもちろんお土産をゲットするのにも良い
  • 明洞、東大門、弘大など観光地にそれぞれ近いので行きやすい
  • おしゃれな店内はインスタ映えしますよ。お茶のコスメは要チェック

韓国の緑茶🍵やさんのカフェ💗

まずパッケージが可愛すぎて、ここ絶対女子は好き!\(^o^)/

お茶の試飲もできるので、ショッピングに疲れたら、ちょっと休憩がてら入ってもよし🙆‍♀️

この濃厚な抹茶ロールケーキがこの色の通り、すんごい濃いお茶の香りで最高でした∩^ω^∩

そんなに甘すぎず、お茶の香りを楽しむ感じです!

ちなみにですが、ここで売ってるお茶の香りの石鹸がいい香りで😭

帰国してから、やっぱり買っとけばよかったと後悔してますヽ(;▽;)

o’sulloc TEA HOUSE

  • 予算:〜1,000円
  • 住所:ソウル特別市 中区 明洞1街 47-1
  • 電話番号:02-774-5460
  • Access:2号線 乙支路入口駅/5・6番出口 徒歩5分
  • 営業時間:10:00~23:00(ラストオーダー22:30)

caffe YAM(カフェ・ヤム)

若者の街弘大(ホンデ)エリアにある可愛すぎるレインボーケーキが話題のカフェをご紹介

caffe YAM(カフェ・ヤム)

  • 思わずSNSに載せたくなる可愛いスイーツたち
  • グルメの後に立ち寄るのにぴったりのカフェ
  • 食べるのが勿体無い?!ユニコーンや人魚など女子心をくすぐるケーキや店内

まるで粘土で作られたかのような可愛すぎるケーキ🍰

噂でガツンと甘いと聞いていたので、わたしはふわふわ綿あめが乗ったメロンスムージにしました💗

ですが、このメロンスムージーもめちゃくちゃ濃厚、なかなかの甘さでした😭✨

大きさもまあまああって、飲み干すのが大変だったので、友だちとシェアがちょうどいいかもしれないです💕

caffe YAM(カフェ・ヤム)

  • 予算:〜1,000円
  • 住所:ソウル特別市麻浦区西橋洞345-3 2F
  • 電話番号:02-333-3737
  • Access:地下鉄2号線弘大入口駅9番出口徒歩2分
  • 月~金曜12:00~23:00、土・日曜11:30~23:00(ラストオーダー22:30)

インスタ映え♡ZAPANGI(チャパンギ)

最後はお店の入り口が自動販売機??

おしゃれすぎる最先端インスタ映えグルメスポット

ZAPANGI(チャパンギ)

  • 韓国のおしゃれ女子たちも注目しているカフェ
  • 店内どこも可愛すぎるので写真をいっぱい撮りたくなる
  • ケーキは5種類!缶に入ったケーキは要チェック

チャパンギとは韓国語で自動販売機のこと!

この有名なピンクの自販機のドアを見るために行きました\(^o^)/💕

店内のスイーツも飲み物もひたすらに可愛い!!😁

ほかのカフェと違って、あんまり観光客は降りないような駅が最寄りなので、アクセスだけはちょっと微妙かも😹

それでも店内は日本人で、大賑わいでした❤️

最新韓国映えグルメスポットなので、行く価値はあります!!

ZAPANGI(チャパンギ)

  • 予算:~1,000円
  • 住所:ソウル特別市 麻浦区 望遠洞 400-2
  • 電話番号:02-325-8185
  • Access:6号線 望遠駅/2番出口 徒歩6分
  • ディナー営業時間:10:00~23:00

ソンガネタッカンマリ

日本ではなかなかお目にかかれない韓国に行ったなら必食の絶品グルメ!

やみつき、クセになる本場ならではの鍋料理!

ソンガネタッカンマリ

  • 韓国メディアの取材はお断り?!知る人ぞ知る絶品グルメ
  • アットホームな雰囲気!初心者でも大丈夫
  • 日本ではなかなか食べられないタッカンマリの専門店

タッカンマリとは韓国風鳥の水炊きのこと。一羽まるまるの鳥が入っていて素朴なのにダイナミックな料理!

タッカンマリって実はわたし初めて食べたのですが、もう美味しすぎて、すでに虜です\(^o^)/笑💕

鶏肉がほろほろに柔らかくて、そして何より付けて食べるソース?たれ?が美味しすぎる😭✨

甘じょっぱくて、キムチのような辛さもあるのに、味噌のまろやかさもあり、そこにマスタードのツンとくる辛さもあり…

文字では書けないほど複雑に美味しい味です😋

ソンガネタッカンマリ

  • 予算:
  • 住所:ソウル特別市 鍾路区 崇仁洞 201-13
  • 電話番号:
  • Access:
  • ディナー営業時間:

関連記事はこちら 著者からの投稿