too cool for schoolのアートクラスバイロダン シェーディングをご紹介

59

こんにちはりっぷるです☺︎

今回は、
韓国のシェーディングで最も有名な
too cool for schoolのアートクラスバイロダン シェーディングをご紹介します!
日本ではなかなか本品を見ることが出来くて、購入を悩んでいる方はいい所から悪い所までご紹介するので
ぜひ最後まで見ていってくださいね⤴

インフルエンサー
りっぷる。
インフルエンサービギナー
メイクやカメラが大好きな中学生。
将来は美容部員さんになりたいと思い、日々勉強中です
Instagram
薄づきでシェーディング初心者にもおすすめしやすいこのtoo cool for schoolのアートクラス バイロダン シェーディング。使いやすさ、効果もいいんですけどパッケージがコンパクトで薄いので持ち運びしやすいのも良いですよ♡

too cool for schoolのアートクラス バイロダン シェーディングとは

韓国のシェーディングと言えば、
皆さんが真っ先に思い浮かべるのはこのシェーディングなのではないでしょうか?
日本で人気の韓国人YouTuber会社員Aさん(チャンネル名は会社員J)が
「韓国の国民的コスメでフルメイクやってみた」という動画でもこちらのシェーディングを紹介されているほど。

too cool for schoolのアートクラス バイロダン シェーディングは3色になっていて、濃さが自由に変えられるシェーディングと
大きめのミラーがとても使いやすいです!

カラーバリエーション

too cool for schoolのアートクラス バイロダン シェーディングは、
シェーディング自体のカラーバリエーションは今回紹介する1色のみとなっていますが、
色違いのパッケージでハイライター、ブラッシャー(チーク)、ルミネス バーニッシュというものもあります!
ルミネス バーニッシュは、バームタイプのハイライターのようなものになっています😊

これらはどれも1色のみの展開となっています。

値段

気になるお値段ですが、日本のコスメではないというのもあって
日本で購入する場合は使うサイトやお店によって値段が異なります。

too cool for schoolの公式通販サイトでは
16000원(日本円で約1600円)で販売されています!

私は日本の通販で1350円程度で購入したので1300〜1600円くらいで購入出来るんじゃないかなと思います。

いい所、悪い所

アートクラス バイロダン シェーディングのいい所は

  • 大きめなので筆に取りやすい
  • 3色で陰影がつけやすい
  • 誰にでも使えるカラー

この3つだと思います!

シェーディングは、コンパクトなものだと付属のブラシは問題なく使えるのですが、
自分の持っているフェイスブラシだと使いにくい……なんて事もありますよね?

それが、アートクラス バイロダン シェーディングなら大きめなサイズなので
3色でそれぞれのカラーで使いたい場合も、混ぜて使いたい場合も筆にとても取りやすいんです!

また、1つで3色のシェーディングが入っているので
濃いブラウンを使うことが多いフェイスラインのシェーディングも、
薄いブラウンを使うことが多いノーズシャドウもこれ1つで色々な使い方をすることが出来るんです!

1番の良さは、誰にでも合うカラー!
イエローベースの方でもブルーベスの方でも違和感なく使うことの出来るカラーになっているので、
買ってみたあとで「やっぱり合わなかった…」なんて事を防げます!

気になる所は、

発色が少し弱いところかなと思います。
シェーディングを普段あまりしない方はこれくらいの発色が丁度いいと思いますが、
普段からやや濃いシェーディングに慣れている方には少し物足りないかも知れません🤔

とはいえ、ノーズシャドウにはとても良いカラーになっているので使い方次第で
自分に合った陰影をつけることが出来ると思います!

使い方

それでは実際に使ってみましょう!
まずはそれぞれのカラーを腕にスウォッチしてみたので
そちらをご覧下さい。

とても柔らかい発色になっていて、
間違ってつけすぎちゃう…なんてことにならないのは嬉しいですね😊

実際にフェイスラインのシェーディングと
ノーズシャドウとして使っていきます!

まずはフェイスラインから。
シェーディングの右側と真ん中を混ぜて使いました。

陰影をつけるとはいえとてもナチュラルな発色なため
少しわかりずらいかもしれませんが、
奥に向かうにつれ段々色が暗くなっているのが分かりますか??

ナチュラルな発色だからこそ自然な陰影をつけることができ、パッと見シェーディングをしているかわからないので
元が小顔な人のように見せてくれます!

続いてノーズシャドウ。
シェーディングの1番左を使用しました。

こちらもやっぱりわかりずらいのですが、
直接見るともう少し濃くなっていて
綺麗な鼻筋を演出してくれます。

個人的にはシェーディングよりも
ノーズシャドウとして使う方が使いやすいなと感じました。

また、今回はしていないのですが
どれもラメの入っていないマットなパウダーなので
アイブロウや、アイシャドウとして使うこともできるんじゃないかなと思います😊

まとめ

今回はtoo cool for schoolのアートクラス バイロダン シェーディングの紹介でしたがいかがでしたか?

使いやすい3色のカラーが綺麗な陰影を演出してくれてとても良いなと思いました!
皆さんもぜひ試してみてくださいね⤴

今回紹介した商品はこちら!
インフルエンサー
りっぷる。
インフルエンサービギナー
メイクやカメラが大好きな中学生。
将来は美容部員さんになりたいと思い、日々勉強中です😃

アートクラス バイロダン シェーディング

関連記事はこちら 著者からの投稿