おしゃれな「置き画」 写真の撮り方をインスタグラマーが伝授!

475

こんにちは
りっぷるです😃

今回は私がよくする、 お洒落な写真の撮り方をご紹介します!

「お洒落な写真」と言っても風景や小物の写真など色々ありますが、

今回はお洒落な「置き画」の撮り方のコツをご紹介していこうと思います◎

簡単な方法で、今すぐ真似できるものばかりなのでぜひ最後まで見ていってくださいね⤴

インフルエンサー
りっぷる。
インフルエンサービギナー
メイクやカメラが大好きな中学生。
将来は美容部員さんになりたいと思い、日々勉強中です
Instagram
今回は私がよくするお洒落な置き画の撮り方をご紹介します!
お洒落な写真が撮りたい!という方にとって、少しでも参考になればいいなと思っています😊

聞いたことある?!置き画とは?

そもそも置き画って何?と思った方もいらっしゃると思います。

置き画とは言葉の通り、 自分のお気に入りの物などを置いて撮る写真のことなんです。

インスタグラムでは「置き画クラブ」というタグもあるほど。

魅力的な置き画を撮れるようになって、 インスタグラムで”いいね”をゲット、そしてフォロワーをどんどん増やしちゃいましょう⤴

置き画の撮影方法 をご紹介

私が置き画で大切にしていることは

  • 背景
  • 小物(主役を引き立てるもの)

の2つだと思っています!

背景や小物の2つの雰囲気が統一されてないとゴチャゴチャとした印象に見えてしまうので、この2つは雰囲気を同じようなものにするように心がけています

それぞれにどんなものを使用しているのか、それもご紹介していきますね♪

背景はどういったものを選べば良い!?

私が主に使用している背景は3種類

  • 洋服やマフラーなどの布類
  • 100均のリメイクシート
  • 色画用紙

この3つをよく使用しています!

布類は、

無地のTシャツや流行りの柄をしているものなどがいいと思います◎

何を使うにしても、流行りの柄のもの以外は基本的に無地を使うことが多いです!

画用紙とリメイクシートは買わなければいけないけれど、

洋服やマフラーは持っているものをそのまま使うことが出来るのでお金がかからなくてとてもいいですよ😊

小物の選び方とは?

続いて小物ですが
これは皆さんの好みによって色々あると思うので、今回はその1例としてご紹介しますね⤴

私がよく使用するものは

  • 指輪、イヤリングなどのアクセサリー類
  • ミニ香水
  • ドライフラワーや造花
  • リボン(結んでないもの)

などです!

アクセサリー類、ミニ香水なんかは、主役とするものよりも小さいものや、シンプルなものを選ぶといいですよ⤴

ドライフラワーは高い…と思う方は100均にいろんな種類の造花が売っているので、そちらを使用するといいと思います☺︎

それでは、先程紹介した3つの背景を使って3種類の写真を撮っていきます!

—1枚目—

初めは画用紙を使用していきます!

画用紙1色の背景ももちろん可愛いですが、

私はノート型の画用紙を開いた、色と色の境目の部分を使用することが多いです!

実際に撮影してみたものはこちら↓

リップを主役とし、小物にはリボン、指輪、イヤリングを使用しています◎

背景がカラーで、主役が白とゴールドのシンプルな色になっているので、

小物も白、ゴールド、シルバーなどのシンプルなカラーを使用しています!

続いては布類を使用した画像です!

今回は秋っぽい柄のマフラーを使用しました!

小物はドライフラワー、リボン、指輪を使用しています。

ドライフラワーは季節感、それ以外の小物は先程同様シンプルな物にしています

背景に柄がある場合は、それにあった雰囲気の小物か、シンプルな小物を選ぶとスッキリとした画像になりますよ♪

最後はリメイクシートを使用した画像です!

最後は置き画というよりはリメイクシートを壁として利用した画像になっています。

小物はドライフラワーと造花の「自然の物」で統一しています!

背景がレンガなので、自然の物がよくあうなと思いました☺︎

まとめ

いかがでしたか?

私が心がけている置き画を撮る時のポイントは

  • 背景と小物の雰囲気を統一させる。
  • 小物は置きすぎない
  • 小物は主役より目立つ色、大きさのものを選ばない

この3つです!

慣れていけば身の回りにある色々なものを小物として利用できますが、

記事を見ても難しい!という方は

  • 背景は無地(白、黒、グレーが使いやすいです)
  • 小物はゴールド、シルバーの小さなもの

にすると落ち着いた雰囲気の置き画をとることが出来るので、ぜひ真似してみてくださいね♪

関連記事はこちら 著者からの投稿