かわいいだけじゃない♡おすすめのエモいガールズバンド10選

107

最近よく聞く「エモい」という言葉ご存知ですか?

「エモい」は三省堂「今年の新語2016」で2位をとった言葉で「エモーショナル」からきています。

色々な感情が揺り動かされるような場面で使われるこの「エモい」という言葉ですが、
「エモい」を実感したいあなたにおすすめなのがバンドの曲を聴くこと!

なかでもガールズバンドは、かわいいだけじゃなくて「エモい」要素がいっぱい詰まっているんです♡

この記事を最後まで読んでいただくと「エモい」の意味がはっきり分かる曲を見つけることができちゃいます!

今回は、下北沢のライブハウスに足しげく通う音楽ファンの私がガールズバンドをよく知る人も知らない人も楽しめるように初級編から上級編まで分けてみたのでぜひ最後まで読んでみてくださいね!

あまりよく知らない方に教えるエモいガールズバンド初級編

チャットモンチー


(引用元:http://tower.jp/article/news/2013/05/28/n08)

2000年に結成。2018年7月に解散したチャットモンチー。徳島出身の2人組バンド。

ガールズバンドを形づくったともいえる人気のバンドです。

最近解散してしまったのもさらにエモさを際立たせます…。

おすすめするエモ曲は『シャングリラ』

変拍子で独特のリズムがなんとも癖になってしまいます。

また、カップルの切ない関係を歌いながらもどこか背中を押されるこの曲。

聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

恋人との関係が上手くいっていない人、ちょっとエモくなりたいときに聴くのがおすすめです。

ボーカル・えっちゃんの声にシビれてしまうこと間違いなし!

SHISHAMO


(引用元:http://www.affect1-2.com/yu/?p=7051)

2010年、高校の軽音部で結成された3人組のガールズバンドです。

『明日も』はドコモのCMの曲にも起用され、今10代20代の若者に大人気のSISHAMO。

若者の青春を等身大に映しだしている曲が多く、甘酸っぱいあの時を思い出してくれるエモい曲が多め。

エモいおすすめの曲はやっぱり『明日も』

サビが「いいことばかりじゃないからさ」で始まる有名な曲なので聞いた人も多いと思います。

通勤通学前の朝に聞いてほしいおすすめの曲です!

キャッチーなメロディで思わず口ずさんでしまう人も多いのでは。

悩みながらも毎日を必死に過ごしている人に「それでいいんだよ」と語りかけてくれるような気がします。

特に壁にぶち当たっている方はエモくなってしまうでしょう。

また、エモいだけでなくカラオケでも盛り上がれる曲が多いSISHAMO。
人気の理由が分かりますね!

silent siren


(引用元:https://t.livepocket.jp/e/w4bzm)

「サイサイ」の愛称で呼ばれるこちらのガールズバンドは2010年に結成されました。

邦ロック好きだった読モ4人が趣味で始めたというガールズバンドです。

読モさらながらの可愛らしい見た目に騙されてはいけません。かっこいい演奏を行う姿のギャップにやられる人続出なんです。

おすすめのエモい曲は『八月の夜』。

好きな人がいる人に特におすすめしたい曲。疾走感が最高♡

「好きな人に近づきたい‥」とちょっともどかしい恋の歌に共感してエモくなる人も多いのではないでしょうか。

タイトルにもあるように8月っぽい爽快感あるアップテンポのメロディで体はノリノリ。中毒性のあると話題の曲です。

サイレントサイレンは、全体的にシンプルで聞きやすい曲が多めなので普段バンドを聞かない方におすすめです!

声が可愛すぎるので必聴ですよ😃

the paggis


(引用元:http://animesongz.com/person/singers/5469)

2011年の高校1年生の頃から本格的に活動を始めた3ピースガールズバンドです。

「知る人ぞ知るバンドにはなりたくない。なるべく多くの人に届けたい」という意向のためポップなサウンドでとても聞きやすく多くの人の心をつかんでいます。

ぜひ聴いてほしいおすすめの曲は、『LOVE TRIP』

キャッチーなメロディが耳に残って、歌詞もシンプルなのでストレートに胸に響きます。

また、ボーカルの声がのびやかで、聞いていてとても心地よいです。

「満たされなくてはがゆくても 愛してみたいんだ」という一節がかなりエモく、全力で恋している人は共感できるのではないでしょうか。

「これぞガールズバンド!」という王道ロックガールズバンドです。

ガールズバンドはいくつか知ってるよ!という方に…中級編

リーガルリリー


(引用元:https://spice.eplus.jp/articles/83206 撮影=菊池貴裕)

2014年結成。全員東京出身のスリーピース ガールズバンドです。

(2018年7月時点で)20歳2人に19歳1人という若さ。
少し幼い印象も残る見た目とは裏腹にパワフルな演奏で人々を圧倒しています。

そして昨年の2017年にテレビ番組『関ジャム 完全燃SHOW』に出演すると一気に話題になりました。

おすすめのエモい曲は『リッケンバッカー』

とりあえず、一回何も言わず聴いてみてください!

「君は音楽を中途半端にやめた」というちょっとハラハラするフレーズで始まるこの曲。

彼女たちの音楽に対する思いや音楽の切なさがひしひしと伝わってきます。

初めて聴いたとき、鳥肌が止まりませんでした(笑)

10代が書いたとは思えない独特なエモい歌詞と世界観で音楽批評家を圧倒している、必ず来ること間違いなしのガールズバンドです。

ちょっと不思議な世界観にあなたも気が付いたらハマっているでしょう‥。

Hump Back


(引用元:https://entertainmentstation.jp/141321)

2009年大阪の高校の軽音部で結成された3ピースバンド。

実はこのバンド、メンバーの変遷が激しく、初期メンバーが1人しかいないんです!

おすすめの『拝啓、少年よ』は、筆者的に一番「エモい」が分かる曲だと思います。

「夢はもう見ないのかい?」から始まるこの歌。

将来の壁にぶち当たる若者に響きまくりのフレーズが節々に散りばめられています。

そして曲の最後には「ああまだ追いかけて 負けっぱなしくらいじゃ終われない」という背中をそっと押してくれるような言葉が。

人生につまずいたときに聴くと心がすっと軽くなる、エモい曲です。

甘い歌声に乗せられる力強いサウンドは聞いた人の心をつかんで離しません!

また筆者的おすすめにもう一曲。『月まで』

エモい感情の中でもこちらは哀愁というか切なくなる内容。ぜひ聞いてみて♡

ねごと


(引用元:http://www.sonymusic.co.jp
/Music/Info/negoto
/ammo_rhapsody_officialinteview/)

シンセサイザーの音が特徴的4ピースガールズバンド。

auのCM曲に「カロン」が抜擢されて、一躍脚光を浴びましたね。

彼女たちのコンセプトは”夢の中なら何を歌っても構わない”

自由な表現を基本として女性の切ない気持ちを歌う歌詞が多い。

『カロン』の時はバンドサウンドであったけれど、今はデジタルサウンドを加えた曲も多いです。

これからもバンドの進化から目が離せませんね♡

yonige


(引用元:https://media.muevo.jp/articles/6163)

大阪で結成された2人組のガールズバンド。

メンバーの1人はオーストラリアとのハーフで容姿の美しさも評価されています。

その一方で、キラキラしていない歌詞が逆に心に刺ささってエモいと話題のガールズバンドでもあります。

因みに、俳優の山田孝之が大絶賛していて、女性限定ライブに女装して行くほどだとか。

おすすめのエモい曲は、『アボカド』

ボーカルの1人が当時付き合っていた彼氏と喧嘩してアボカドを投げつけたという実体験を曲にしています。

yonigeは汚い感情や誰にも言えない気持ちを歌詞にしてくれると評判のバンドです。

この曲以外の歌詞も毒があり、そのとげとげしさにエモくなってしまうことでしょう。

自分の中にあるなんともいえない暗い感情を言葉にしてほしい、そんなあなたにおすすめのガールズバンドです。

まだまだ知りたい!少しマニアックな上級者編

DIALUCK


(引用元:http://sheep-run-away.com/dialuck-10314)

ボーカルの、「明るいバンドを見るのが苦手だった」という背景から結成された、2015年活動開始のスリーピースガールズバンド。

少し闇のあるエモい歌詞がロックといい感じにマッチしていると話題なんです。

おすすめは、『あの街まで』

恋愛の曲とも、夢を追う人の応援歌ともとれるこの曲。

でもなんだかちょっと儚い気持ちになるところがエモいです。

評判なのは、天使のような透き通る歌声!! 聞いて損はありません!!

また、DIALUCKは新感覚ガールズバンドとしても有名で、ロックバンドなのに癒されてしまうと評判です。

「バンドは好きだけど激しいのはちょっと‥」という方にぴったりの「エモい」ガールズバンドです。

FINLANDS


(引用元:https://www.barks.jp/news/?id=1000156733)

2012年、神奈川県で結成された2人組のガールズバンド。

厚いコートを着ているのが特徴です。

ライブでどんなに熱くても絶対にコートを脱がないんだとか。

というのもコートを脱いでしまったら『FINLANDS』にした意味がないからだといいます。

おすすめは、『恋の前』というエモいこちらの曲。

「トラウマにもならない恋ならば意味ない」という歌詞の一節にドキッとするこの曲。

日本語の持つ美しさを巧みに表現しているところがとてもエモいです。

ちょっと分かりにくい歌詞ですが、何度も聞きたくなるメロディと歌声で人々の心をつかんで離しません。

なんといってもボーカルのハイトーンボイスが癖になります。

キーの高いところで声がキュッとなるところがなんとも魅力的。

「バンドの良さをじっくり味わいたい」「もっとエモいを追求したい!」という方におすすめです。

まとめ

いかがでしたでしたか?「エモい」という意味が分かりましたか?

いくつか聞いたことのあるガールズバンドの曲もあったと思います!

気に入ったガールズバンドの「エモい」曲があったらプレイリストにぜひ入れてみてくださいね。

関連記事はこちら 著者からの投稿