洗顔で美肌を手に入れる!毛穴やニキビを解決する正しい顔の洗い方

138

美容液やクリームにお金をかけているのに、肌トラブルが改善しない・・・

その原因、もしかしたら洗顔の方法にあるかもしれません!


洗顔後のケアはしっかり行う人が多いですが、洗顔ってついつい自己流の方法になりがちですよね?

でも実は、方法にこだわるだけで肌の調子は見違えるように変わることも!

ぜひあなたも自分に合った適切な洗顔の方法を知って、つるつるな肌を目指しましょう♡


美肌を手に入れるためには、正しい洗い方から

スキンケアって、大事なのは化粧水や美容液じゃないの・・・?

なんて思われがちですが、実はその前の土台を作る洗顔の方法がとっても大事なんです!

本格的に洗顔の方法について見ていく前に、なぜ洗顔が大事であるかをお話しします。


なんで洗顔が大事なの?

洗顔が重要なのは、顔の汚れをしっかり落とさなくてはならないからです。

そして、一言で汚れと言っても以下のように3種類に分けられます。

①汗やホコリ
②皮脂
③古い角質



をかいたり、皮脂が出たり、ホコリが付着したりするなど、肌は常にトラブルの元にさらされています。

そんな肌トラブルの天敵を洗顔で洗い落とすことで、清潔な肌を保つことができます。


また、肌にはターンオーバーという角質が新しく生まれ変わるサイクルがあります。

そのため、古い角質は一定の周期で必要がなくなって顔の表面に残ってしまいます。

また、古い角質は、毛穴に詰まってしまうと、角栓やニキビの原因になる可能性もあるので、正しい洗顔の方法でしっかり落とす必要があるんです。

では、正しい洗顔の方法って具体的にどんな方法なんでしょうか?


ベーシックな洗顔の方法

洗顔の重要さがわかったところで、早速基本となる正しい洗顔の方法について見ていきましょう!

基本的な洗顔の方法

手を洗う:泡立ちやすくするために、手をしっかり洗いましょう!

顔をぬるま湯で濡らす:32~34℃がベストと言われています。
洗い流す際もこの温度をキープしましょう!

洗顔料を泡立てる:良く泡立てます。詳細は後ほど!

泡で顔を洗う:Tゾーンやあごなど、皮膚の厚い部分から順番に泡をのせて、両手で円を描くように洗っていきます。

この時、手が直接肌に触れないように、泡を転がすように洗うのがポイントです!

ぬるま湯で洗い流す:洗い流すステップではしっかり時間をとることで、泡の洗い残しによる肌トラブルを防ぎましょう。

顔をふく:タオルを顔に押し当てて水気をとります。



この洗顔の方法を実行する時に注意したいことは以下の2つ!


・シャワーで洗わない
お風呂のシャワーではなく、手で水をすくって流します。

シャワーで洗う方法は、肌への刺激になってしまったり、たるみを引き起こす原因になってしまうことも。


・洗顔料を長時間肌にのせすぎない
洗顔料を肌にのせてから洗い流すまでの時間は、1分以内にとどめましょう。

ずっとのせていると、肌に負担がかかり乾燥しやすくなってしまいます。


ニキビ肌を撃退する洗顔の仕方!

スキンケアの時や、メイクの時に気になるニキビ。

そんなニキビを治すためには、どのような洗顔の方法が効果的なのかをご紹介します。


特に心がけたいのは以下の3つ!

・清潔さを保つ
・刺激しない
・開いて閉じる


それぞれ詳しく見ていきましょう!

・清潔さを保つ
ハンドソープなどで、手についた雑菌をしっかり落としてから洗いましょう。

・刺激しない
摩擦が起きると肌を傷つける原因になるため、ゴシゴシ洗わないようにします。

・開いて閉じる
ニキビが発生するのは、毛穴がつまることが原因になることが多いです。

そのため、洗顔前に毛穴を開いてから毛穴の汚れを落とし、洗顔後はしっかり毛穴を閉じることが重要になります。

毛穴を開いてから閉じる方法

①開く
洗顔前に顔にホットタオルをあてる方法がおすすめです!

ホットタオルは、軽く濡らしたタオルを電子レンジで温めたものです。

やけどしない程度に温めて、顔にのせると◎

タオルの上からラップをのせる方法だと冷めにくいです!

②閉じる
洗顔の最後に冷水で顔をすすいで、ホットタオルで開いた毛穴を引き締めるという方法で毛穴を閉じます。

また、氷を使った方法でも◎
(洗顔後顔をふいた後に、氷をガーゼや薄めのタオルでつつんで肌の上を軽く滑らせるというものです。)


毛穴対策には〇〇!

黒ずんだイチゴ小鼻や白い角栓を撃退する洗顔は、酵素がポイントになってきます!

理由をお話しする前に、まずは毛穴の黒ずみがどうして起こるのかを見ていきましょう。

毛穴の黒ずみの原因は?
皮脂と古い角質などが、毛穴に詰まることによって角栓ができます。

また、その角栓の空気に触れる面が酸化することによって、黒くなります。

よって毛穴を目立たせなくするためには、この角栓にアタックする方法が必要になります。

そこで酵素を使った洗顔方法がポイントになってくるんです!


角栓の半分以上は古い角質からなるのですが、この角質はタンパク質からできています。

そして、酵素はこのタンパク質を分解する働きがあるため、酵素を配合した洗顔料を使った方法だと毛穴の汚れがとれやすくなります。


ただし、酵素の洗顔料は洗浄力が高すぎる可能性もあるので、新しく使う際は週1~2から試してみるのがおすすめ!



また、ニキビの部分でご紹介した洗顔前後に毛穴を開いてから閉じる方法は、毛穴が気になる方にも有効です!

ぜひ試してみてくださいね。

夜と朝2回がベスト?洗顔のタイミング

「洗顔って、一日何回するのがベストなの?」

「朝夜2回だけなのに、なんだか肌が突っ張る気がする・・・」


洗顔の頻度に関してこんな疑問を抱えている方のために、正しい洗顔の頻度についてお話しします!

タイミング

基本的に朝夜の2回の洗顔をする方法がベストです。

夜は日中に出た皮脂やホコリなどをしっかり落として、朝は寝ている間にかいた汗などを洗い落とすためです。

朝洗顔の色々な方法

朝の洗顔は、その日の肌の土台作りとなるので、とっても大切ですよね。

人によって、適した方法が異なるので肌のタイプに合った朝洗顔の方法をご紹介します。

敏感肌・乾燥肌水洗顔
普通肌・脂性肌洗顔料を使った洗顔



敏感肌・乾燥肌の方は、朝は水洗顔という方法がおすすめです。

水洗顔ってどんな方法?
洗顔料を使わず、水だけで顔を洗顔する方法です!

水だけで洗っても、皮脂やホコリは十分落ちます。



乾燥肌の方はもともと皮脂の量が少ないため、朝晩2回洗顔料を使う方法だと皮脂をとりすぎてしまうとさらに乾燥してしまう可能性があります。

そのため、夜に洗顔料を使って余分な角質などを除去したら、朝は寝ている間にかいた汗やホコリを水で落とすだけにとどめると水分や油分のバランスを保つことができます。

ただし、普通~脂性肌の方は寝ている間にも皮脂が出ているため、洗顔料を使って落とす方法が◎

水洗顔で気を付けたいポイント

・すすぎは20回
洗顔料を使わない分、すすぎをしっかりすることが大事です。

・水洗顔後は、化粧水や乳液などをつけない
水洗顔後は、水分や油分のバランスが整っている状態なので、化粧水や乳液は基本的には必要ありません。

ただ、乾燥肌の方でかさつきが気になってしまうという方は、化粧水で水分を補給する方法を試すと◎


しっかり泡立てて洗っていますか?

「顔を洗うときは、洗顔料をしっかり泡立ててから洗いましょう」と、よく言われますよね。

泡立たてなくても洗顔料をつけるだけで汚れは落ちそうなのに、なぜ泡立てて洗うことが重要なのでしょうか?


なんで泡が大事なの?

泡で顔を洗うことで、泡が肌と指のクッションになってくれるため、肌を傷つけずに汚れを落とすことができるからです。

また、顔の汚れは泡の表面で落とすことができるのですが、泡が細かければ細かいほど泡と肌の接触面積が増えます。

だから、泡が細かいと汚れが落ちやすいと言われているんです。

めんどくさいのはいや!簡単に濃密クリーミー泡を作る方法

ただ、ぶっちゃけ毎回ネットを使って洗う方法はめんどくさい・・・という方も多いのではないでしょうか?

また、お風呂にネットやツールを置いておくと、衛生面で清潔さをキープするのが大変ですよね。

そんな方におすすめの泡立てツールをご紹介します!


それはずばり、です!(笑)

実は、手で洗う方がキメの細かい泡を作ることができるという噂もあります。

そこで、手を使って簡単に濃密な泡を作る方法をご紹介します!

手を使って、ネットを超える濃密泡を作る方法

①手の汚れを落とす

②石鹸や洗顔フォームを濡れた状態の手に取る

③少しづつ水を足しながら泡立てていく

④片手でくぼみを作って、周りの空気を含ませるように泡の塊を大きくしていく

⑤両手をこすり合わせるようにして、泡を細かくする



この方法ってちょっと難しくない・・・?と思われるかもしれませんが、慣れると意外と1分もかからずにできてしまいます!

ぜひ次の洗顔から上記の方法を試してみてくださいね。


肌タイプ別!おすすめの方法

今まで、様々な肌のタイプと、それに合った洗顔の方法をお話ししてきたので、ここで少しまとめてみたいと思います。

乾燥肌用の洗顔方法
・朝は水洗顔をして、皮脂を落としすぎない
・洗顔料を肌にのせている時間は短めに


脂性肌の洗顔方法
・朝夜2回の洗顔料を使ったケアを
・泡の上から優しくマッサージ


毛穴が気になる肌の洗顔方法
・洗顔料は、酵素など毛穴用のものを週に何度か使う
・毛穴を開いてから洗顔して、洗顔後は引き締める


ニキビが気になる肌の洗顔方法
・とにかく清潔に!
・刺激しすぎは悪化の元!優しくスキンケアを



一つ一つの方法は簡単に見えますが、続けるのは意外と難しかったりしますよね。

そんな時は、理想の美肌になった後にしたいメイクなどをイメージして、モチベーションをキープしましょう!


洗顔の正しい方法まとめ!

ここまで、美肌になるための洗顔方法について見てきましたがいかがでしたか?

共通して言えるポイントは、以下の3つでしたね!

・基本の洗顔方法をマスターする
・泡立てて洗う
・朝晩2回の洗顔!


自分の肌に合わせて正しい洗顔の方法を試すことで、赤ちゃんのような肌を目指してみませんか?


あなたはおそらくそれも好きでしょう 著者からの投稿