毛穴の黒ずみ・つまりにおさらば!おすすめの洗顔方法を解説!

162

「洗顔後も小鼻の黒ずみが目立って、メイクが決まらない」
「頬の毛穴の広がりが気になる」

スキンケアをしっかりしていても、このような悩みを抱えている方は多いですよね。

そこで、ここではスキンケアの根本となる洗顔を見直すことで、毛穴の目立たないつるつるの肌になれる方法をご紹介♡

毛穴に効く正しい洗顔方法で、美肌を目指しましょう!


イチゴ鼻がコンプレックス・・・その原因とは?!

・小鼻の黒いぶつぶつが気になる
・年齢とともに広がってきた頬の毛穴が気になる

毛穴の悩みといっても、その症状は様々。

ご自身の悩みと原因についてしっかり知って、そこから適切な洗顔やスキンケアなどの対策をとることが大事です!


そのためにまず、毛穴の悩みを3種類に分けてご説明します!

あなたの悩みがどの種類に当てはまるのかを調べてみてくださいね。


◆毛穴診断

①角栓つまり毛穴
✓小鼻やあごなど、皮脂の多い場所に角栓が目立つ
✓鼻周りを触るとざらざらしている
✓鼻に黒いプツプツした角栓が目立って、イチゴのようになっている

②開き毛穴
✓毛穴が開いてしまっていて、ファンデの毛穴落ちが目立つ
✓顔全体のテカリが気になる

③たるみ毛穴
✓頬の付近の横に広がった毛穴が気になる
✓年齢とともに頬がたるんできた



あなたの当てはまる毛穴タイプはありましたか?

実際にこの中で、今回洗顔で解決できるのは、「①角栓つまり毛穴」「②開き毛穴」の2つだけなんです。

(※たるみ毛穴は本格的なエイジングケアが必要になってくるため)

では、なぜ洗顔で効果がある上記2つの毛穴トラブルが起こるのか、その原因に迫ってみましょう。


①角栓つまり毛穴

角栓つまり毛穴とは、その名の通り角栓が毛穴に詰まってしまった状態の毛穴のことです。

角栓って?
顔の毛穴に詰まった皮脂や角質のこと。

「毛穴の皮脂が固まった」なんてイメージが大きいこの角栓ですが、実は角質の割合の方が大きいんです。

この角栓は、古い角質が毛穴にたまって皮脂と固まってしまうことが原因でできます。

そのため、洗顔でこの古い角質をためないことが鍵となってきます。


②開き毛穴

開き毛穴は、角栓がつまっているわけではないのに顔の毛穴が開いてしまっている状態のこと。

角栓つまり毛穴がイチゴだとしたら、こちらはオレンジが近い状態と言われています。

…こんな状態だったらファンデーションもきれいに塗れるはずがありませんよね。

この毛穴の開きは、乾燥によって肌の柔軟性が落ちることなどによって、起こります。



では、この2つの毛穴トラブルをそれぞれどのようにして解決できるのかを見ていきましょう!



毛穴に効果的な洗顔料の成分をご紹介

先ほどお話しした通り、洗顔で解決できる毛穴タイプは「①角栓つまり毛穴」「②開き毛穴」です。

その二つを改善するために、それぞれおすすめな洗顔料の成分をご紹介!

角栓を作らない!〇〇を分解する洗顔料

まずは、角栓つまりを解消しやすくする成分。

ずばり、角栓の元となる余分な角質を除去する以下の2つです。

・酵素
・AHA(フルーツ酸)



酵素は、角質の主成分であるタンパク質を分解して落とします。

また、AHAはフルーツ酸によって角質を溶かします

これらが配合された洗顔料を使うことにより、余分な角質が毛穴にたまりにくくなり、角栓ができにくくなります!


また、ピーリング効果のある洗顔料も良いとされています。

ただ、これらの洗顔料もこんな注意が必要になることも!?

角栓ケアの落とし穴
酵素やAHAなどは、角栓ケアには欠かせないアイテムですが、大変洗浄力が高いのも事実です。

よって、毎日これらの成分を配合した洗顔料を使うのはちょっぴり危険かも・・・!

週に1〜2回のケアがちょうどいいと言われているので、ぜひ自分の肌に合った頻度で試してみてくださいね♡


開き毛穴は、とにかく保湿!

毛穴が開いている場合は、乾燥して肌が固くなってしまっていることが多いです。

そのため、以下のような成分が入っている洗顔料を選んで保湿をし、肌を柔らかく保つことが大事です!

・ヒアルロン酸
・セラミド



美肌を作るのに有名なヒアルロン酸はもちろん、最近人気のセラミドもおすすめです。

セラミドって?

セラミドは、角質の細胞の間を満たす成分で、水分を抱え込む働きがあります。

肌に優しいので、敏感肌の人でも使えるというメリットがあります。


石鹸?フォーム?自分に合ったタイプ選び

洗顔料って、固形石鹸タイプやフォーム・泡など色々なタイプがありますよね。

自分の肌にはどんなタイプが合うのかわからないという方のために、肌質に合った洗顔料のタイプをご紹介します。

脂性肌固形石鹸
乾燥肌フォームタイプ
敏感肌泡タイプ

それぞれ詳しく見ていきましょう!


固形石鹸
オーガニックブームとともに人気が上がってきている洗顔料です。

洗浄力が高いので毛穴に悩む方テカリに悩む方におすすめです!♡

洗浄力が高いと言っても、最近人気の石鹸は、オリーブオイルなどの天然保湿成分や卵白などを使った天然のものでできていることが多いです。

よって、乾燥肌で今まで石鹸タイプの洗顔料を敬遠していた方にもぜひ使っていただきたいです。


フォームタイプ
一番主流の洗顔料ですよね。

固形石鹸よりは、洗浄力が低くしっとり仕上がるものも多いです。

ただ、ここで一つ注意しておきたいことが。

!注意!
洗顔フォームは、合成界面活性剤が入っているものがあり、この合成界面活性剤は長期的にみると乾燥や小じわの原因になってしまうこともあります。

よって、おすすめなのは、動物や植物の油脂から作られた天然界面活性剤が入ったものがおすすめです。

ガゼインやレシチンという成分がこれに値します!



泡タイプ
敏感肌の方には、低刺激で肌を傷つけない泡タイプが良いです!

指と肌の摩擦のダメージを軽減することで、トラブルが発生しにくくなります。


正しい洗顔方法でツルスベ肌に

普段、なんとなく洗顔料を泡立ててなんとなく洗っているだけという方!

実は、その方法が毛穴トラブルの原因になっているかもしれませんよ?

ここでは、洗顔料のタイプ別に正しい洗い方を見ていきましょう!


ベーシックな洗い方

洗顔料で多めに泡を作り、その泡で肌を洗っていくことを意識しましょう。

洗顔ネットなどを使って泡立てると、泡の質が変わるので使うことをおすすめします♡



また、普段シャワー中に洗顔をするときなど、体を流す熱い温度のまま顔を洗っていませんか?

熱いお湯は、顔のデリケートな肌を乾燥をまねいて、毛穴を悪化させる原因にもなりかねません。

ベストな温度は、「32度」

これは、皮脂が溶け出す一番低い温度なんです。

また、35度を超えてしまうと、肌を守る保湿成分も同時に溶け出していってしまうため、32~34度の間でキープすることを心がけましょう!


泡立たないタイプ

ジェルやミルクタイプの洗顔料などは泡立たないことが多いので、肌を傷つけないことが大切です。

顔の皮膚はラップほどの薄さで大変デリケート。

ラップを動かさないくらいの強さで、指の腹を使って肌についた汚れをなじませて落としましょう。


人気の裏技をここだけで公開…♡

洗顔で毛穴を目立たなくさせるための洗顔料についてここまで見てきましたが、実は洗顔料に合わせてこんな工夫をすると効果が倍増するんです!

早速見ていきましょう!


蒸しタオル

クレンジング後、洗顔前に顔に蒸しタオルを乗せる方法です!

毛穴が開いて、洗顔の際に毛穴の汚れが落ちやすくなったり、肌が柔らかくなって美容成分が浸透しやすくなったりします。

蒸しタオルを使う方法
①タオルを水で濡らして固く絞る
②500~600Wの電子レンジで30秒~1分加熱する
③肌にのせて、3分ほどキープ



また、蒸しタオルで顔の毛穴を開かせた後、洗顔料で洗顔をする前に、乳液でマッサージをして洗い流すステップを挟むと、より毛穴汚れがきれいになるんだとか。

また、洗顔・スキンケアの最後(乳液やクリームの後)に蒸しタオルをのせて、ミストのような効果を狙うのもおすすめ♡



保湿にも肌を柔らかくするのにも万能な蒸しタオル。

お金もかからない毛穴ケアとしてので、早速試してみたいですね!


オイル×綿棒

洗顔後、通常通りスキンケアをした後にオイルを塗った小鼻の周りをめんぼうでくるくるする方法です。

毛穴の周りの皮膚がオイルでふやかされて、角栓が取れやすくなります。

また、オイルはベビーオイルオリーブオイルがおすすめ!

手軽に用意できる材料なのに、角栓がとれて嬉しいですね♡


洗顔後のケアも大事!

毛穴を引き締めるには、もちろん洗顔も大事ですが、洗顔後のケアまでが重要になってきます。

洗顔後はで角質や皮脂などを落として、毛穴が開いている状態です。

その毛穴を引き締めて、周りの角質に潤いを与える必要があります。


編集部がおすすめしたいのは以下の2つ!

洗顔後の毛穴ケアとして、編集部がおすすめしたい方法はこちら!


①化粧水コットンパック

洗顔後、化粧水をコットンに浸して鼻に付けて5〜10分置くだけ!

ハンドプレスもいいですが、肌の奥まで潤いが届くのはこっちですよね。

尚、コットンパックは長時間しないようにしましょう。

コットンをつけ続けていると、化粧水が蒸発してしまい、むしろ肌の水分がコットンに吸われてしまって乾燥してしまう可能性が。



②スキンケア商品を冷やしておく
化粧水やパックなど、洗顔後ダイレクトに肌に触れるものを冷やしておいてから、スキンケアを始めると保湿をしながら肌を引き締められるので、おすすめです♡

特に開き毛穴の方は是非試してみてくださいね!


もう毛穴汚れやつまり、黒ずみで悩まない!

ここまで、毛穴を目立たなくする洗顔の方法について見てきましたが、どうでしたでしょうか?

これまでお話ししたポイントをまとめさせていただきます!

✓自分の気になる毛穴の原因について知る
✓自分の肌質や、毛穴の症状に合った洗顔料を使う
✓肌を傷つけない洗顔方法

自分に合った正しい洗顔方法で、毛穴レスな素肌を目指しましょう!



あなたはおそらくそれも好きでしょう 著者からの投稿