【曳舟】Cafe Sucreのこだわりコーヒーをいただこう!

208





今回皆さんにご紹介するのは、墨田区にある「Cafe Sucre (カフェシュクレ)」。
アットホームな雰囲気が素敵なコーヒー専門店です。








こちらのお店で、過去にハンドドリップのチャンピオンが出ているとか!


焙煎からこだわったコーヒーと、プロのハンドドリップコーヒーをいただくことができるので、
噂を聞きつけて毎日コーヒー好きのお客様がたくさんいらっしゃいます。



Cafe Sucreでいただけるコーヒーって?



Cafe Sucreでは最高ランクのスペシャリティコーヒーを自家焙煎し、常時約15種類の銘柄コーヒーから選んで飲むことができます。




また、カフェインを含まないデカフェの専門ブランド「innocent coffee (イノセントコーヒー)」を立ち上げており、自家焙煎の美味しいデカフェも店内で飲むことができます。
そのため、妊娠中や授乳中の方、コーヒーを1日に何杯も召し上がる方、夜ぐっすり眠りたい方でも安心していただくことができます!




Cafe Sucreは直営店である「軽井沢焙煎所」より焙煎鮮度にこだわって出荷しています。
そのため、焙煎後なるべく早くお客様の元に届くよう販売しています。





厳選したコーヒーを、注文を受けた後にバリスタが丁寧に一杯ずつ抽出しています。
ここでもこだわりが見られますね。


また、コーヒーだけでなくベーグルや焼き菓子といった自家製のフードメニューも充実しています。




私もさっそくおすすめのコーヒーとフードメニューをいただいてみました!

おすすめのメニュー



私は、「ハンドドリップコーヒーとベーグルサンドのセット」をいただきました!
(1,000円)





Cafe Sucreこだわりのハンドドリップコーヒーと、具沢山のミネストローネ、選べる自家製のベーグルサンドがセットになっています。


 

ハンドドリップコーヒー

(単品 Mサイズ 550円 / Lサイズ 650円)



こちらのコーヒーは、酸味と苦味のバランスが絶妙!
口の中でふんわり広がる爽やかな後味も美味しい一杯です。


新鮮度にこだわり、一杯ずつ丁寧にハンドドリップされていると知るとより一層美味しく感じられますね。



アボカドベーグルサンド

(単品 500円)



アボカド、レタス、玉ねぎ、トマトをサンドした人気NO.1のベーグルサンドです。


みずみずしくてシャキシャキな野菜と濃厚なアボカドの相性が抜群!
また、ベーグルの表面がパリッと、中はもちもち食感がやみつきになりそうです。
 


ミネストローネ




トマトや玉ねぎなどの野菜と、きのこ、ベーコンが贅沢に入ったミネストローネです。
ほっこりするような優しい味わいで、ベークルとも良く合います。




ベーグルセットをいただくことでより一層ハンドドリップコーヒーの良さも引き立ちます。
カフェタイムだけでなく、モーニングやランチの時間にセットでいただきたいと思いました!



店内を見てみよう!

店内にはコーヒー豆や焼き菓子、コーヒー器具やティーカップなど、色々な商品が販売されています。
入り口から見ると、まるで雑貨屋さんのような雰囲気です。










お湯を注ぐだけでOKなティーバックならぬコーヒーバックもあります。
これで誰でも手軽にコーヒーをいただけますね。







お店で販売されている商品の中でも人気なのが、コーヒー豆!




特にエチオピアのコーヒー豆が人気です。

エチオピア ホワイトナイル

(100g 850円 / 200g 1700円)



フルーティな甘い香りが特徴のコーヒー豆です。
お家でも美味しいコーヒーをいただくことができますよ。



スマホで撮影してSNSにアップしよう!

Cafe Sucreで撮影した写真をSNSにアップしてみませんか?(以下の写真はiPhone7で撮影しました)





可愛い雑貨屋さんのような店内はどこを撮ってもオシャレに映りますよ。






墨田区にいらした際は、美味しいコーヒーをいただきにCafe Sucreに行ってみてください!



Cafe Sucreの詳しい情報はこちら




店名:Cafe Sucure (カフェシュクレ)
住所:東京都墨田区東向島2-31-20
定休日:火曜
営業時間:[月・水~土] 10:00~19:00 (18:30L.O)
[日・祝] 10:00~19:00(18:30L.O)
電話番号:03-3613-7551
アクセス(最寄駅):「曳舟駅」出口より徒歩5分
Wi-Fi:FREEWi-Fi設備有り
Instagram:無
URL:http://cafe-sucre.com



あなたはおそらくそれも好きでしょう 著者からの投稿