【表参道】様々な和を楽しめる隠れ家カフェ「 宇治園 裏参道ガーデン」が気になる!

345

今回ご紹介する「宇治園」は、表参道の路地裏にある隠れ家カフェを集めた「裏参道ガーデン」の中にあります。

「裏参道ガーデン」は、日本の和文化を楽しめる複合施設で宇治園を筆頭に常にお客さんで賑わっています。

そんな裏参道ガーデンの中でも、宇治園はお茶と和スイーツが特徴のお店です。

普段はにぎやかな表参道エリアの中で、日本の伝統の味を楽しむことのできる、貴重な存在ですね。
ちょっと一息つきたいけど、少しだけ非日常を味わえるカフェをお探しの方にぴったりです。

そんな宇治園の魅力に迫るべく裏参道ガーデンに足を運びました!

早速、宇治園 裏参道ガーデンに行ってみた!

表参道駅を7分ほど歩いた路地裏に裏参道ガーデンはあります。

路地裏なだけあってちょっと迷ってしまいそうですが、そこがまたワクワクドキドキします。

裏参道ガーデンは、古民家をリノベーションして作られています。趣のある佇まいが素敵ですね。

今回ご紹介する宇治園は、裏参道ガーデンに入ってすぐ左手にあります。
こちらが「宇治園」です。

一目でお茶に特化したお店というのがわかりますね。

というのも、お店のコンセプトは色々な方に日本のお茶を知ってもらうこと。
馴染みやすいスイーツ、気軽にお茶、抹茶を楽しんでもらおうという試みです。

確かに、なかなか普段の生活で日本のお茶文化に触れるということってないですよね。

このようなカフェがもっと増えて欲しいです。

本格抹茶オーレやスイーツを実食

私がいただいたのは、お茶と、パフェ。

まずは抹茶オーレとほうじ茶オーレ(各650円)からいただきます。

抹茶オーレは、抹茶をふんだんに使用し、1杯ごとに点てて作るので濃厚です。
よくある抹茶ラテとは全然違います。渋みによって味が深みを増して、これまた良いのです!

抹茶とほうじ茶の粉末を使った生チョコレートも添えられていて、お茶と良く合います。

宇治園のほうじ茶オーレは、とても香りが良いです。

お茶と聞くと、若い方はみんな抹茶を想像するかもしれないですが、ほうじ茶が定番になるのも近いかもしれません。

ほうじ茶の風味が良く、ミルクとマッチしていてとっても美味しい!
ほうじ茶ラテも1杯ずつ点てて作られています。気持ちまでほっこりしました。

お次に、抹茶パフェとほうじ茶パフェ(各1000円)。

パフェは写真映えも良いし、若い女の子に人気があります。

もちろん、宇治園のスイーツは見た目だけではないのです。

こちらのパフェにもしっかりと抹茶、ほうじ茶が使われているので、濃厚な風味で美味しい!

アイスクリーム、白玉、クッキー、スポンジケーキ、ゼリー、あずき等が入ってボリューミーなのにあっという間に食べられてしまいます。

宇治園のオススメは、あまり出回っていない「ほうじ茶パフェ」。
ここでしか出会えないスイーツを、皆さんに一度試して見て欲しいです。

宇治園に行くなら狙い目の時間は、平日の13時頃か夕方です。

いわゆるカフェタイムはやっぱり混むそうです。
混み合っている時間は、1時間前後並ぶことも。

落ち着いてお茶を楽しみたいなら、この時間を狙って行くのがおすすめです。

伝統が感じられる写真を是非SNSにも!

宇治園の飲み物やスイーツはインスタグラム映えも良いので、こんな風にアップしてみてはいかがですか?

(宇治園のある裏参道ガーデンは、館内がFREE-Wi-Fiスポットとなっています)

プレートに乗っていてバランスがとても綺麗なので、それを活かして全体が映るように撮ると◎です。

パフェも上から撮るとおしゃれです。パフェ単体で撮るのも良いですが、スプーン等と合わせて撮ると、バランスがよくなりますよ。

和の魅力がたくさん詰まった宇治園。
ゆったりほっこりしたい日に、是非足を運んでみてください!

宇治園 裏参道ガーデンの詳しい情報はこちら

店名:宇治園 裏参道ガーデン (ウジエン ウラサンドウガーデン)
住所:東京都渋谷区神宮前4-15-2
定休日:基本的に月曜日(月曜日が祝日の場合、やっている)
営業時間:(平日)12:00〜19:00
(土・日・祝)11:00〜19:00
電話番号:なし
Wi-Fi:館内FREE Wi-Fi設備
アクセス(最寄駅):「表参道駅」A2出口より徒歩7分
Instagram:@ujien_official
URL:http://www.urasando-garden.jp/#!page1

あなたはおそらくそれも好きでしょう 著者からの投稿