【インタビュー】 高橋有紀(Lysaオーナー/ヘアメイク)

1,868

キラキラ輝く女子になるには、本当に輝く女子に学ぼう。第一回は表参道で美容室「Lysa」をかまえながら、雑誌やブランド撮影、ジャケ写やテレビ収録などのヘアメイクとして幅広く活躍する有紀さんにお話を聞きました。数々のモデル・タレントを手がける『カワイイ』作りのプロに、その秘訣をたっぷり学んで。

ー 独立のきっかけは?

自分の仕事の幅を広げたかったからですね。ずっとヘアメイクの仕事をしっかりとやってみたかったのですが、どこかの美容室に所属していると、やっぱりなかなか動きずらいこともあって。元々、自分がオーナーになりたい! とかそういう野望があるタイプではなかったんですが、まわりに相談しているうちに「やってみたら?」とアドバイスをいただくことが多かったんです。それで、なるほど、と思いチャレンジしてみたのが『Lysa』なんです。

ー良い流れに乗ったんですね。

そうですね。いまはサロンでお客さまの髪を切るのと、撮影のヘアメイクとだいたい半分くらいの割合。一時期、ヘアメイクのお仕事が増えてなかなかサロンに立つ時間がとれなくなってしまったことがあって。それからヘアメイクの時間を調整してもらったりして、今はバランスを大事にしています。やっぱりお客さまとの時間も大切にしたいので。

ー撮影も本当にお忙しそうですよね。どのようにしてヘアメイクのお仕事が増えていったんですか?

う〜ん、やっていたら知らず知らずのうちに、ですかね。チョキチョキガールズや、ラルム、Zipperなんかのヘアメイクを担当するようになってモデルの子から指名でお話をもらったり。そんな雑誌をみて依頼をいただくことがあったり。本当に自然とご縁がつながってって。

ー人を惹き付けるパワーがありますよね。

どうなんですかね(笑)。でも本当に人の縁には恵まれていると思います。ありがたいですね。

iv_yukitakahashi01

ー仲の良いモデルさんもたくさんいらっしゃるイメージですが?

しょっちゅう会う間柄の子はいますね。西もなかちゃんは長い付き合いになるし、今年お正月は、佐野ひなこちゃんと佐達ももこちゃんと台湾に行ったんです。1泊の弾丸旅行だったけれど、楽しかった〜。

ー撮影では女の子をヘアメイクとして変身させ、私生活でもカワイイ女の子に囲まれている有紀さん。ここでCheeekme読者に『カワイイ』を作る秘訣3ヶ条を教えてください。

ええ〜!3ヶ条? なんだろう……。強いて言うなら……

自分が持っている良さを引き出す

かわいくなりたい! という意識を持つ

「こうなりたい!」と思えるお手本を見つける

ですかね。

やっぱり自分がかわいくなりたいという意識は大切だし、それに対して研究するのも大事。どうしたら自分がかわいくなれるのか? メイクも、髪の巻き方も、お洋服だってたくさん挑戦してみること。もちろん失敗した〜! と思うこともあるけれど、諦めない。自分がなりたい理想に向かってとことん研究。雑誌を見たりしてもいいし、最近はモデルさんもSNSをたくさん活用してるので、それを見てみたり。そうこうしているうちにカワイイの研究って楽しくなってくるので、ぜひチャレンジしてほしいですね。

Text:Ray Suenaga,Photo:Hikaru Suenaga

PROFILE

高橋有紀(Lysaオーナー/ヘアメイク)
1984年2月10日生まれ。A型。水瓶座。埼玉県出身。
’12年9月にLysaをオープンし、雑誌を始め幅広い分野のヘアメイクとしても活躍中。

Twitter:@osakana_yuki
Blog:http://ameblo.jp/takahashiyuki0210/ リーサ有紀のブログ
Instagram:@osakana_yuki

あなたはおそらくそれも好きでしょう 著者からの投稿